建築・デザイン・建設・技術サービスチーム

当社は皆様と協力して、ヒルトンの全ブランドにわたり最高級の施設の創造・建設をお手伝いいたします。デザインから建設プロセスまで、すべての段階において専門知識を持つプロフェッショナルチームがサポートいたします。

Matt Richardson
建築デザイン・設計・建設部門グローバル責任者
プロフィールを見る
Matt Richardson
Matt Richardson
建築デザイン・設計・建設部門グローバル責任者

Matt Richardsonは、ヒルトンの建築デザイン・設計・建設部門のグローバル責任者です。新築プロジェクト、設備改善、技術顧問サービス、インテリアデザインおよび建設に関する業務を世界規模で統括しています。2008年にヒルトン・ワールドワイドへ入社しました。
それ以前はHost Hotels & Resorts社の上級副社長兼最高開発責任者の職に就き、設計並びに建設業務全般を監督しました。Host Hotels & Resorts社の入社前は、Carr America Realty社のさまざまな要職を歴任しました。
バージニア大学では都市計画を専攻し、学士号を取得した後、MBAを取得しました。

プロフィールを見る
Larry Traxler
グローバル設計サービス部門上級副社長
プロフィールを見る global_design_services@hilton.com
Larry Traxler
Larry Traxler
グローバル設計サービス部門上級副社長

Larry Traxlerはヒルトンのグローバル設計サービス部門上級副社長です。ヒルトンを代表する14のラグジュアリー、フルサービス、そしてフォーカストサービスホテルのブランドすべての設計・建設・リノベーションを統括しています。

Traxlerは国際ホスピタリティ設計の世界で27年以上の実績を持っています。現在は才能あるグローバル設計チームを率いて、デベロッパー、建築士および設計士と緊密に連携しながら、ヒルトンブランドのユニークなスタイルを、ヒルトンのグローバル・ポートフォリオの建築物すべてに反映させるべく監督しています。

以前は、ハイアット・ホテル、イアン・シュレーガー・ホテル、Wilson Associates、Hirsch Bedner & Associatesの建築デザイン・設計部門の責任者を務めていました。Traxlerは、Jordan Mozer & Associates建築デザイン事務所からそのキャリアをスタートさせました。

シンシナティ大学カレッジ・オブ・デザインの、6年制の建築デザイン・アート・プランニング・プログラムで専門職学位を取得しています。

プロフィールを見る
William Gullion
建築デザイン・建設部門グローバルシェアド技術サービス担当副社長
プロフィールを見る global_shared_technical_services@hilton.com
William Gullion
William Gullion
建築デザイン・建設部門グローバルシェアド技術サービス担当副社長

William Gullionはヒルトンの建築デザイン・設計部門グローバルシェアド技術サービス担当副社長です。設計・建設基準プログラムのすべて、建築デザイン・建設ベンダーリレーションプログラム(サプライヤー関係)、外部アイデンティティープログラム、火災生命安全基準&ウエイバープログラム、および電子納品・追跡・フィルタリングシステムを含むPIP・プロジェクトレポーティング(PIM/O2O)を監督しています。
ホスピタリティ産業において20年以上の実績があり、1990年代後半のヒルトン・ガーデン・イン・ブランド開業に携わったチームの一人です。なので、ヒルトンで働くのは今回で2回目になります。
以前はグローバル・ハイアット社でプロダクトデザイン・建設部門の副社長を務め、ハイアットプレイスとハイアットサマーフィールド スイーツブランドの開発や国際展開に主要な役割を果たしました。ハイアット入社前は、アトランタの複数の建築デザイン事務所で経験を積みました。
ジョージア工科大学建築学部で建築デザインの学士号を取得しています。

プロフィールを見る
Andy Albonetti
北米技術サービス部門上級副社長
プロフィールを見る andy.albonetti@hilton.com
Andy Albonetti
Andy Albonetti
北米技術サービス部門上級副社長

Andy Albonettiは、ヒルトンの北米技術サービス部門上級副社長です。Albonettiは現在、アメリカ合衆国とカナダにおいて年間300軒前後のラグジュアリー、ライフスタイル、フルサービス、およびフォーカストサービスホテルを開業するヒルトンのフランチャイズパートナーをサポートする、70人以上のプロジェクトマネージメント・設計・プロダクト改良・エンジニアリングチームの責任者です。
1995年にヒルトンに入社した後、15軒の自社保有または管理ホテルプロジェクトの設計および建設の監督を通して、ホームウッド・スイーツ・ブランドを再スタートさせるためのサポートを続けています。Albonettiは、ヒルトンが運営する1,200室の大規模フルサービスホテル新建設プロジェクトから、70室の小規模フォーカストサービスホテルプロジェクトまでにわたる設計インプットのコーディネーションを直接統括しています。
以前は、ハンプトン・イン・ホテルのオリジナルデザインの多くを手掛けた、テネシー州メンフィスのLooney Ricks Kiss Architects (LRK)の建築士を務めていました。LRK在籍時、Albonettiはハンプトン・インの試作図の維持管理のほか、多くのホテル新開発プロジェクトの建設関連文書の作成を担当していました。1990年代初期にはホームウッド・スイーツ・ブランドの再スタートに携わり、複数の建物が点在するキャンパススタイルのホテルをひとつの連続した建物に集約した、新世代のホームウッド・スイーツを設計しました。
Albonettiはメンフィス大学で建築デザイン技術を専攻し、理学士号を取得しました。

プロフィールを見る
John Walters
ヒルトンの中南米・カリブ海地域建築デザイン・設計部門副社長
プロフィールを見る john.walters@hilton.com
John Walters
John Walters
ヒルトンの中南米・カリブ海地域建築デザイン・設計部門副社長

John Waltersは、ヒルトンの中南米・カリブ海地域建築デザイン・設計部門副社長です。現在、15人の建築士、エンジニアおよび設計士の国際チームを率いて、堅牢なパイプラインを基に担当地域内で現在開発中のヒルトンブランドすべての開業を監督しています。
Waltersは、ホスピタリティ業界において30年以上の実績をもち、直近の10年は国際業務に携わってきました。Waltersが指揮するチームは、ウルグアイのヒルトン・ガーデン・イン・モンテビデオ、ホームウッド・スイーツ・バイ・ヒルトン、カルタヘナ・コンラッド、ウォルドーフ・アストリア・パナマ、ダブル・ツリー・バイ・ヒルトン・サンチャゴ、ドミニカ共和国のエンバシー・スイーツ・サントドミンゴ、ボゴタ・ヒルトンなど、ヒルトンを代表するブランドのホテルを100軒以上開業してきました。
Waltersは、1997年にヒルトンのプロジェクトマネージメントチームに参加し、自社所有並びに管理資産の資本プロジェクト、およびアメリカ合衆国における新築プロジェクトの管理に携わりました。彼が手掛けたアメリカ合衆国におけるプロジェクトには、サンディエゴ・コンベンションセンター・ヒルトンホテルやバッファロー・サンダー・ヒルトンホテル&リゾートなどがあります。
Waltersはまた、認定ホテル管理士(CHA)の資格を持ち、建築デザイン・建設チームに参加する前は、カリフォルニア州ベンチュラのダブルツリー・バイ・ヒルトン、テキサス州オースティンのヒルトン・ガーデン・イン、そしてカリフォルニア州プレザントンのダブル・ツリー・バイ・ヒルトン・クラブの総支配人を務めていました。

プロフィールを見る
Gordon Coles
ヨーロッパ・中東・アフリカ地域建築デザイン・設計・建設部門上級副社長
プロフィールを見る gordon.coles@hilton.com
Gordon Coles
Gordon Coles
ヨーロッパ・中東・アフリカ地域建築デザイン・設計・建設部門上級副社長

Gordon Colesは、ヒルトンのヨーロッパ・中東・アフリカ地域建築デザイン・設計・建設部門上級副社長です。ヨーロッパ・中東・アフリカ地域およびアジア太平洋地域のすべての新開発、アダプティブユース・プロジェクト、コンバージョン・リノベーション・プロジェクトを統括しています。
Colesは、ホテル設計と建設において25年以上のプロジェクトマネージメント経験を持つ、公認測量士です。2000年にヒルトンに入社し、現在56人のエンジニアリング、設計並びに建設の上級専門家から成る国際チームを指揮しています。
主要ゲートウェイ都市に開業した300軒以上のポートフォリオを持ち、それらのホテルは トリアノンパレス・ベルサイユ、コンラッド・ドバイ、ウォルドーフ・アストリア・アムステルダムといったラグジュアリーホテルから、ヒルトン・ガーデン・イン・ダボスやハンプトン・ウォータールーのようなフォーカスド・サービスホテルにわたります。現在は、ヨーロッパ・中東・アフリカ地域にわたる最大のホテルパイプラインの執行を担当しています。
Colesは、英国のサウスウエスト大学で建築積算の優等学位を取得しました。また、英国王立公認測量士学会(RICS)とChartered Institute of Civil Engineering Surveyors(ICES)の認定を受けています。

プロフィールを見る
Allan Zhang
上級副社長・モンゴル地域 技術サービス部門
プロフィールを見る allan.zhang@hilton.com
Allan Zhang
Allan Zhang
上級副社長・モンゴル地域 技術サービス部門

Allan Zhangは、中国・モンゴル地域技術サービス部門副社長です。当社の新パイプライン・プロジェクトの設計と建設のほか、中国・モンゴル地域における取引資産の設備投資プロジェクトを管理しています。
Zhangは、この5年間で中国各地に100軒近いホテルを新築し、現在も総勢34人のエンジニアリング、設計および建設の上級専門家から成る国際チームを率いて、200以上のパイプライン・プロジェクトを進めています。
以前は、インターコンチネンタルホテルズグループの中国地域設計・エンジニアリング部門副社長を務めていました。それに先立ち、ベクテル社の中国支社に5年在籍していました。
Zhangは、清華大学で建築デザインの学士号および経済管理の修士号を取得しています。

プロフィールを見る
Andrew Huxtable
建築デザイン・設計・建設部門技術サービス担当副社長
プロフィールを見る Andrew.huxtable@hilton.com
Andrew Huxtable
Andrew Huxtable
建築デザイン・設計・建設部門技術サービス担当副社長

Andrew Huxtableは、ヒルトンの東南アジア太平洋・インド地域の技術サービス担当副社長です。Huxtableは、13人の建設専門家、建築士、設計士およびエンジニアのチームを率いて、日本やオーストラリアなど主要戦略的マーケット、およびインド、仏領ポリネシアにわたるアジア太平洋全域における、フォーカスト、フルおよびラグジュアリー・マーケット向けの全ブランドのフランチャイズまたはヒルトン運営による新開発案件を監督しています。
現在、完成すれば世界最大規模のひとつになるヒルトンのホテル・パイプラインを構築する責任を担っています。Huxtableは、ヒルトンのすべてのブランドにわたり、新開発、アダプティブリユース・プロジェクト、およびホテル・コンバージョンに関する業界随一の知識を有しています。
2000年にヒルトンに入社した後、Huxtableはヨーロッパの主要ゲートウェイ都市においてはヒルトン・ロンドン・バンクサイド、コンラッド・アルガルヴェ、キャノピー・バイ・ヒルトン・レイキャビックなどのラグジュアリーホテル、さらにはヒルトン釜山、コンラッド・バンガロールおよびコンラッド大阪など最近オープンしたフラッグシップホテルを含むホテル開業および開発の幅広いポートフォリオを監督してきました。
それに先立ち、HuxtableはHigh-Street Retail Group Arcadia(Burton Group PLC)でプロジェクト並びに技術サービススペシャリストを務め、英国南部とアイルランド各地で大規模デパートメントやハイ・ストリートの小売店舗を手掛けました。
Huxtableは、英国の西イングランド大学で建設管理の優等学位を取得しています。また、公認測量士(MRICS)であると同時に公認建設管理士(MCIOB)でもあります。

プロフィールを見る